みなさんおはようございます。まえだです。

昨日までの カムノスペシャルウィーク 楽しんで頂けましたでしょうか?

またいつカムノウィークが来るかわかりませんので、みなさん是非楽しみにしてて下さいね💛

モバイルUIデザインにはどんな特徴がある?作成時に役立つポイントを紹介!

WEBデザインといえば、ひと昔前まではなるべく多くの情報をユーザーに対して表示するTOPページデザインが良いとされていました。

しかし今は、ユーザーの利用しやすさを第一に考え『ミニマリズム』を意識して制作する必要があります。

必要最低限の要素のみを残した使いやすく分かりやすいデザインはユーザーに良い印象を与えます。

簡単に言うと、以前まではサイト側の伝えたい気持ちが熱く強く前面に出ていたけども、

もう少し冷静にユーザーが本当に欲しいと思う情報を綺麗に分かり易くまとめていこうゼ!

ってことです。

そのためには、不要な要素を極力排除し簡素化することが重要。

ところがどっこい、実際やってみると口で言う以上に難しいポイントです。

だって制作するコッチとしては全部全部大事で、伝えたいって気持ちでいっぱいですからね。

「君の顔と身長がとってもタイプで、性格も良いときた。しかも君の実家は俺の実家にもとても近く、親同士も顔見知りで、もうこれはこの人しかいないと思うんだ。付き合ってください!」

っていわれるよりも、

「好きです‼付き合ってください!」の方が断然良い!!そんなところです。

でも、言いたいこと絞るの難しいよ!勝負するときは身に着けるもの全部勝負モノで行きたいよ!

そんな時でも良い感じに、【今どきおしゃれですっきり爽やか好印象】なサイトデザインを作れるpointをお伝えしますー

 

point1:色やテキストの書体を意識する

そこで、まずは色彩設計はできるだけシンプルにすると◎。

たくさんの色を組み合わせたデザインは鮮やかに見える反面、視覚に悪影響を与える可能性があります。

できるだけ少ない色で構成して目への刺激を少なくしましょう。

また、複数の色を使用したい場合は、同じ色の彩度や明度を変えた色を利用することで目に穏やかな複数の色の組み合わせを作れます。

例えば、青といっても紺色、スカイブルー、水色といった具合。

視力の弱い人や色覚異常のある人でも利用しやすい色を意識するのも重要ですね。

https://recruit.ga-tech.co.jp/

あと、文字の大きさや書体を揃えることも重要です。大きさや書体が違うと統一感のないデザインに見えてしまいます。

また、読みにくい文字は利用しない方が絶対良い!意識から外れてしまうことが多いです。

こんなインパクトのある文字以外はね。(世界で最も難しい漢字で話題になりましたよね…)

アプリを利用する上でもテキストは重要な要素ですので、ユーザーが情報を見つけやすいテキストを利用した方が良いでしょう。

 

point2:画面をすっきりさせる

このWEBデザインのミニマル化を加速させたものの一つに、多様なデバイスでのサイト閲覧が可能になった点があげられます。

モバイルUIの画面を表示した際に、たくさんの情報が一度に飛び込んでくるとかなり分かりにくくなってしまいます。

人間の脳は一度に多くの情報を処理できるようにはなっていないので、必要な情報を分かりやすい位置に設定することはとても重要。

ユーザーの混乱を避けることができます。

http://www.g-mark.org/entryguide/#

特に利用方法の紹介画面やヘルプ画面、設定画面を分かりやすい位置に置くことが重要です。

ユーザーが利用しているうちに「分からーーんっ…!」ってなった時、すぐに手を差し伸べられるサイトになりましょう。

また、ユーザーの心が乙女心だとしたら、

設定をすぐに変えらることも重要ですよね。設定画面も分かりやすい配置にしておきましょう。

「俺、いつでもお前の為に変われるゼ!」「いつでも側にいて助けるゼ!」

この心意気です。

 

point3:メニューをできるだけ画面内に収める

モバイルはパソコンと違い画面が小さいことから、必要なメニュー項目が多いと画面をスクロールする必要が出る可能性があります。

スクロールを苦痛に感じるユーザーもいることから、できるだけ画面内にメニューを収めることが重要です。

だからといって、じゃあ1画面内に詰め込まないと…とメニュー項目を詰め込みすぎると、それもそれで視覚を圧迫させる可能性があります。

視覚情報が増えて脳が情報を処理しきれずに煩雑に見えてしまうのは残念ですよね。

利用頻度が減る可能性はなるべく少なくしたい。

そんな時は、コンテンツをグループ分けするなどして画面内の文字列を少なくしてみましょう

また、簡略化したアイコンを配置することで文字列を少なくすることもできます。

イラストや画像を活かしたアイコン等は、文字数の多い項目でも場所を取らずに配置できるという特徴があります。

 

http://litalico.co.jp/

縦横を揃えて配置することができ、簡略化することで視覚情報も少なくなるのが大きな特徴です。

 

まとめ

これらのポイントを活用しながらサイトデザインを考えると、ユーザー側の混乱を防ぎながら、欲しい情報をスマートに提供できる、

【今どきおしゃれですっきり爽やか好印象】なサイトデザインになること間違いなしです!

情報量を削るのが難しい、スマートな文章をかける自信がない、そもそもそんな時間ないねん!って方がいらっしゃいましたら

是非CHEATにお声がけ下さい。

WEBサイトのデザイン提案はもちろん、ライティングからお手伝いさせて頂いております。

お問合せはコチラまで⇒TEL:078-600-2795

 

ってな感じで今回は最後に宣伝を入れさせて頂いて終わりましょうかね。。

では、また~!

まとめ

SHARE

まえちゃん
TEXT BY まえちゃん

CATEGORIES

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!