どうも、カムノです。

先日の記事でシンクライアント推しをカミングアウトした私としては大注目な情報がありました!

ローンチは最短で2020年になるとのことですが、Amazonさんなら覇権になるのは間違いない予感!

5G時代に向けて着々と準備を進めている感じですね!

 

しかし「シンクライアント」とか「クラウドゲーム」とか「ビデオゲームのストリーミングサービス」とか、なんのこっちゃ?

という方も多いかと思いますので、簡単にご紹介いたします!

 

シンクライアントとは?

英語で書くと「Thin client」です。

「薄い、希薄な」といった意味を持つ「Thin(シン)」と「Client(クライアント)」から成り立っていて、ユーザーが使用する端末(クライアント端末)の機能は必要最小限にとどめ、サーバー側で処理を行う仕組みのことを言います。

 

「クラウドゲーム」「ビデオゲームのストリーミングサービス」とは?

シンクライアントの仕組みでゲームしようぜ!って感じです。
ゲームオンデマンドと呼ばれていた時期もありました。

メリット

  • 処理をサーバーに任せるため、端末の小型化や省エネ化が期待できる
  • 端末の性能に合わせて処理やリソースを作り変える必要がなくなり、開発を一本化できる

デメリット

  • 通信環境への依存度が高い
  • サーバー側にはものすごい処理パワーと通信帯域が必要

 

すでに動き出しているクラウドゲームサービス

Amazonさんの噂は今後の話ですが、すでに動き出しているクラウドゲームサービスについての記事をいくつかご紹介いたします!

【Google】Project Stream

【Microsoft】Project xCloud

【SONY】PlayStation Now

【Nintendo】Switch向けのクラウドゲームが今後増えていく可能性

【NVIDIA】GeForce Now

【NTTドコモ】EVO Japan 2018 で5Gに関する実証実験

【ブロードメディアGC】クラウドゲームサービス「Gクラスタ」

っと、紹介はこれくらいにしておきましょう!

 

クラウドゲームに限らず、5G時代は素晴らしいコンテンツやサービスがどんどん普及する時代になると思います。

我々CHEATも世界に「楽しい」シーンを増やすため、”業務効率化・業績アップによる、余暇創出機会の増加”と “創出された個人の余暇に、楽しんで頂けるエンターテイメントコンテンツの供給”の2つの切り口で2019年も頑張ってまいりますので、何卒よろしくお願いいたします!

 

まとめ

SHARE

kamuno
TEXT BY kamuno

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!