みなさん、こんにちは。
MEGIDO(メギド)です。

直近ではワードプレス関連のウェブ制作に携わっていることが多いです。
その中で「ワードプレスの投稿記事を複製した記事作成の時間を短縮化したい」という依頼がありました。

調査してみたところプラグインで簡単に解決することが可能でした。
それが「Duplicate Post」という名前のプラグイン。

使い方もとても簡単でわずか5分で投稿記事を複製することが可能に。
今回はDuplicate Postの使い方について紹介していきます。

「Duplicate Post」の使い方

まずはDuplicate Postのプラグインをインストールしましょう。

ワードプレスを触ったことがある方はすでにお分かりだと思いますが、プラグインをインストールするには公式サイトからプラグインをダウンロードしてインストールするか、管理画面のプラグインから新規追加でインストールしましょう。

Duplicate Postの公式サイトは下記になります。
https://ja.wordpress.org/plugins/duplicate-post/

インストールが完了したら次はプラグインの設定を行っていきましょう。

Duplicate Postの設定を行うには、ワードプレス管理画面の設定内のDuplicate Postをクリックしてください。
クリックするとDuplicate Postの設定画面に移動できます。
Duplicate Postの設定画面では3つの項目の詳細を決めることが可能です。

1つ目が何を複製するかを決めることができます。
この部分はデフォルトの設定でも基本的に問題ないと思いますが、状況に応じて複製したい項目をチェックしていください。

2つ目が権限の設定についてです。
ここではどのレベルの権限を持っている人が複製できるかとどの投稿タイプで複製ができるかを設定できます。

デフォルトではカスタム投稿タイプにはチェックがついていないので、カスタム投稿タイプを複製できるようにする場合は、ここからカスタム投稿タイプにチェックを入れて複製できるように変更しましょう。

3つ目が表示についてです。
ここでは複製をどの場所からできるようにするかを設定できます。
この部分は基本的にデフォルトの設定で変更しなくても問題ないでしょう。

各項目の設定ができれば変更を保存をクリックしてください。
これでDuplicate Postの設定は完了します。

たったこれだけでワードプレスの投稿記事が複製できるようになるなんてかなり便利ですね。

まとめ

今回はワードプレスの投稿記事を複製するのに便利なプラグイン「Duplicate Post」を紹介しました。
ワードプレスで「こんなことをできるようにしたい」というのは大体がプラグインで可能になると思うので実装したいことはプラグインで可能か調べるのをオススメします。

しかしながらプラグインをインストールし過ぎるとサイトが重くなる原因となったり、サイトの脆弱性が大きくなり危険性が高まるといったデメリットも。。。
このデメリットの部分については、まだ勉強中なので次回のblogはこのことについて書ければと思います。

何事もメリットがあればデメリットもあるということなんでしょう。
このデメリットの部分についても勉強して適切にワードプレスの制作ができるようになりたいと思います!

では今回はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

まとめ

SHARE

アバター
TEXT BY MEGIDO

CATEGORIES

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!