みなさん、こんにちは。
MEGIDO(メギド)です。

最近はワードプレスを利用したWEBサイト制作で
SP(スマートフォン)化に対応する案件に着手していました。

WordPressのテンプレートタグの移り変わりはけっこう激しく
以前までならOKだったテンプレートタグのパラメータ(引数)が
廃止だったり非推奨になってたりすることも。

その中で非推奨だけどよく使われているテンプレートタグが

上記のテンプレートタグです。

WordPress制作が初心者の方だと何かを表示させたい時に調べたサイトに
乗っている情報が「bloginfo()」を使っている場合もあるかと思います。

そういったWordpress制作が初心者の方の為に「bloginfo()」で
非推奨になっているパラメータでよく見るものと
その代替案をお伝えしたいと思います。

 

bloginfo()で非推奨になっているパラメータと代替策

「bloginfo()」で非推奨になっているパラメータでよくみる下記の通りです。

これらのパラメータについて使用しているタイミングと
代替案のテンプレートタグを紹介していきます。

 

<?php bloginfo(‘stylesheet_url’); ?>

これは「style.css 」のCSSファイルを読み込む為に利用されてます。

こちらを使わずに「style.css 」を読み込ませたい場合は、

上記で代替するようにしましょう。

 

<?php bloginfo(‘stylesheet_directory’); ?>

こちらは使用中のテーマのディレクトリURLを呼び出す為に使われます。
imgタグで画像を表示させる場合などによく使われています。

こちらを使わずにテーマのディレクトリURLを呼び出す場合は、

上記を使うようにしましょう。

 

bloginfo()で非推奨になっているパラメータを見た場合は?

今回、紹介したbloginfo()のパラメータは
非推奨となっていますが、動作しない訳ではないです。
これを使ってもcssファイルを読め込めたり、
画像を表示させることは可能です。

しかし今後のWordpressのバージョンアップで非推奨のパラメータが
廃止になり動作しなくなる可能性はあるでしょう。

その為、このパラメータが使用されていた場合は
今回、紹介したような別のテンプレートタグを変更することをお勧めします。

 

まとめ

今回はWordpress制作が初心者の方の為に「bloginfo()」で
非推奨になっているパラメータでよく見るものと
その代替案をご紹介しました。

今回、紹介したbloginfo()のように現在使用できているテンプレートタグが
Wordpressのバージョンアップによって非推奨や廃止になったりしていくことは避けられないと思います。

なのでWordpress制作に携わっているのであれば、テンプレートタグの利用状況の
動向もしっかりと把握していく必要があるでしょう。

それでは今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!