お久しぶりです。なつまるです。

本日は、windows10でlinuxコマンドを使えるように環境を整えてみたいと思います。

 

WSL (Windows Subsystem for Linux)

一般的に、windows10でlinuxコマンドを使用すると言えばWSLを思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか。
私も以前、使用していました。

めちゃくちゃ簡単にインストール・初期設定ができるのと
Microsoft Storeからダウンロードなのでなにかと安心です。

が、今回は【busybox】というものを使いたいと思います!
理由は、知らなかったからです!笑

まあ、過去にしたものをもう一度インストールして実装、というのもめんどくさいなあ。。
というところから、せっかくなら新しいやり方で。

 

busybox

まず、busyboxとは?というところなんですが、
Wikipediaが説明してくれています。

BusyBox(ビジーボックス)は、Coreutilsなど標準UNIXコマンドで重要な多数のプログラムを単一の実行ファイルに「詰め込んで」提供する、
特殊な方式のプログラムである(その詰め込み方法を指して呼ぶこともある)。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

使用できるコマンドや、歴史なども書いているので気になる方は【busybox Wikipedia】で検索してみてください♪

 

使い方

バイナリをダウンロード。以上。

なんて簡単!

 

ダウンロード

ダウンロードは公式サイトからどうぞ。

サイト下部の【busybox.exe】をクリックしてください。

 

まとめ(次回に続きます)

長くなったので、今回は終わり!

次回はpathを通したり、実際に動かしたりします!

 

いや、ほんとめちゃくちゃ簡単でびっくり。。。

 

おわり

まとめ

SHARE

なつまる
TEXT BY なつまる

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!