こんにちは!ジェンキンスです!

とてもご無沙汰ですね。

 

今日はスクエア・エニックスのゼノギアス(Xenogears)について語りたいと思います。

何故こんな話しを急に書こうかと思ったかというと、 ”ただふと思い出したから”

あとリメイクを熱望しているから・・・!

 

かなり昔のゲーム

このゲーム、実はYou TubeやGoogleというものすら存在していないような時代に、当時まだ合併する前だったSQUARE社から発売されたんですが、

この考察の余地がありすぎる難解なストーリーと、一世を風靡したエヴァンゲリオンを彷彿させるダークな雰囲気が、当時の思春期の少年たちをバッチリ虜にし、

その世代が現代のメディアを使って解説動画などをアップしているんですね。

それくらい人気なゲームなんです。

 

先進的なシステム

当時としてはめずらしい随所にアニメとCGを融合した演出が非常にストーリーとうまくマッチしており、ジェンキンス自身もとてものめり込みました。

ゼノギアスの戦闘シーン

基本はターン制のRPGなんですが、ステータスによってターンの回り方が変わったり、戦闘スタイルが全く変わっていくのも特徴的でした。

ソニーの「パラッパラッパー」のような戦闘コマンド方式(攻撃コマンドのあとにボタンを押してコンボや技が決まる)が斬新で、飽きずに最後までプレイできました。

ちなみに、レベルが上がるたびにランダムでステータスが上がるので、最強を目指してレベルアップ直前にセーブしてレベルアップのたびにリセマラする裏技がありました(笑)

 

 

 

生身の人間がロボットに挑む!!

ゼノギアスの戦闘シーン巨大ロボットと生身が戦うというとんでもないシチュエーションも男心をくすぐったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

こう書いているととんでもないゲームですが、めちゃくちゃ面白いんです!

 

ゲームが好きな方がこれを読んでいて、まだ知らないという方は、機会があれば是非プレイしてほしい!

 

ではまた!

まとめ

SHARE

CATEGORIES

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!