WEBの世界はトレンドの変化が非常に激しく、最新技術を常に追っていかなければ時代に取り残されてしまいます!
多くの閲覧者を獲得するにはページのデザインにも工夫をこらすのが大事ですよね。
最近よく取り扱われているデザインの一例を紹介します。

今回ピックアップしたのは「スプリットレイアウト」です。
この記事では、WEBデザインにおける「スプリットレイアウト」について解説していきます。

分割画面の魅力!どうして画面を分けると見やすくなるのか

平坦な画面でわかりやすさを際立たせることを「フラットデザイン」と呼ぶのに対し、画面を大胆に分割する技術を「スプリットレイアウト」と呼びます。

 

 

 

 

どのサイトも、スッキリしていてみやすいですよね。

最新のWEB業界では、画面を分割することで、大きなインパクトを与えるようにする時があります。
分割画面がなぜ見やすいかというのは、「サブ」と「メイン」を強調しやすいのが大きなメリットです。

時代とともにWEBの情報量は増大し、閲覧者の処理能力をはるかに超えることも珍しくなくなってきました。
そこで、分割画面により「一目見て情報の優先順位を理解できる」ようにすると、閲覧者の目に負担がかからなくなります。
これは、とっても細かいことなのですが、マーケティングの観点ではとても重要です。

複雑で与えたい情報が多すぎるページは、1つ1つの情報のインパクトがなくなってしまいます。
スプリットレイアウトにするということは、しっかりとコンセプトがあり、それに基づいて創られたウェブサイトと言えます!

 

分割画面に一工夫!よりWEBデザインに深みを与えるには?

大胆なデザインは分割画面のメリットを際立たせます。

たとえば、「アシンメトリー」と呼ばれる左右が非対称なデザインは、あえて画面上の秩序をなくすことに効果的です。
その結果、情報の存在感が並列的ではなくなり、閲覧者の目に飛び込んでくる優先順位を意図的に変えられます。

 

そのほか、分割画面の比率を極端にするデザインもトレンドといえます。
トップページの大半を写真や動画にしてしまい、あえてメニューを端に追いやるなどの方法です。一見、文字情報が隠れるように思われがちですが、実際にはよりすっきりと画面が整理されるので、小さな画面で見ている閲覧者も操作しやすくなります。

 

最新技術を取り入れて印象に残るデザインを目指す!

情報量が飽和状態にあるWEBの世界では、単に有益な情報を掲載するだけでは閲覧者を増やすことが難しくなってきました。

ユーザーがストレスなく見ることができるサイト・・・そして、印象に残るサイトが重要です。
シンプルなフラットデザインはもはや基本ですが、
あえてスプリットレイアウトに挑戦するのもインパクトを残せます。

 

今まで坊ちゃん刈りだった子が、次の日ツーブロックで投稿してきた。
そんなイメチェン感も出るかもしれません。

ユーザーの視点に立ち、思わずページに留まってしまうような内容を目指しましょう。

また色々とご紹介しますね。

まとめ

SHARE

YAMAMOTO TAKAYA
TEXT BY YAMAMOTO TAKAYA

CATEGORIES

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!