みなさん、こんにちは
なつまるです

今回は、趣味ブログです

ゲーム、マンガ、読書、映画、料理、楽器演奏、スポーツ観戦と幅広い趣味に手を出していますが
最近は読書に一番時間を費やしています

夏に冷房の効いた部屋で本を読むのも最高。
雨の日に部屋で静かに本を読むのも最高。
秋に窓を少しあけて自然の涼しさの中で読むのも最高。

つまりいつでも最高。

最近読んでよかったなあと思った本を紹介します

 

流浪の月

 

ロリコンと噂される男性の家に、小学生の女の子が2か月間監禁されたというニュースを見て
世間が描くのはとてもかわいそうな事件、という内容

女の子を絶望から救い、自分も救われた男性
自由に生きることを抑圧され、制限され、強制させられ、男性の手によって解放された女の子

事件は解決されても、誰かにどこかでずっと監視され
インターネットで加害者、被害者ともに個人情報が一生掲載される
引っ越す度、転校する度、就職する度、更新されて誰かの目に晒される

 

善意の正義が、罪を犯していないひとを苦しめる
この本に出てくる人物に対して、自分もそうなんじゃないか、と思ってしまう作品です

行ったこともない店のレビューを見て、星が低いからやめようとか
芸能人のニュースを見て、報道された内容を丸のみして批判したり
自分に関係のない学校のいじめ加害者を特定し、社会的に制裁をしたり

 

なんというか、いろいろ考えさせられる本です
もちろん、中身も最高によかったです

 

沈黙のパレード

 

東野圭吾といえば、ミステリー
ミステリーと言えば、東野圭吾

ガリレオシリーズの最新作で、2022年の夏に映画が公開されるそうです

 

証拠はそろっているのに逮捕されない犯罪者
あと少しなのに逮捕できない怒りと、やるせなさでいっぱいの警察
あの時逮捕していれば、起こらなかった誘拐・殺人事件

 

今までのガリレオシリーズの話も少し出るので、ファンからすると嬉しい内容ありです。笑
夜寝る前にチビチビ読もうと思ったのですが、あとちょっと、あと1ページ、、、とついつい進んでしまうほど面白い

ラストは東野圭吾らしいな、と思わせるエンドでした

 

BUTTER

 

最後は、【BUTTER】という本です

きれいな表現をする作者さんだなあと思っていたら
思わず背筋が気持ち悪くなる表現が出てきて、心を鷲掴みにされました

 

ある女性が交際した男性が次々と謎の死を遂げていく
一体、どうやって殺したのか?

それを追う記者が、その事件をきっかけに変わる

というような内容なんですが
容疑者の女性というのが、美しくもない、若くもない、太ったブスというとんでもない書き方をされている女性

そんな女性に大金を貢ぎ、死んだのか?それも複数が?
事件の内容よりも、なぜこんな女が?という興味によって注目された事件

現代女性が抱える当たり前のマナー

太るな、化粧をしろ、男性を立てろ、家事・育児をしろ、男より仕事をするな

 

・・・。
うーん、たしかに昔よりは男女平等になったし、家事育児も夫婦で、ではあるけど・・・

今まで疑問に思わなかったけど、どうして女だけ化粧を強制されるのか?
アイドルが少し太ったり、肌荒れしたらすぐにネットで批判を浴びるのはなぜか?

 

女性の幸せは、結婚・出産とされていた時代とは違う現代
読み終わった後も、しばらく余韻に浸れる本でした

 

 

最後に

1000円で買った本を、何時間も読み、感動し、友達と共有しあう

本って、いいよね

まとめ

SHARE

なつまる
TEXT BY なつまる

CATEGORIES

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!