民衆を導く自由の女神

こんにちは!無類の新しい物好きのジェンキンスです!

 

今回はリリースされて間もないWindows11を公開翌日にインストールしてみたので、インストールからここまでの使用感なんかを書いていくよ!

 

インストールの準備

まずはWindows11をインストールしていくための準備をしていきましょう。

その前に、ご存じの方も多いかと思いますが、これまでのWindowsとは違い、Windows11はセキュリティ確保のためにアップグレードの条件が”提示”されているんですね。

(なぜ提示という言い回しなのかはこのあとわかります)

Windows11は端末を選ぶ?

そう、Windows11はアップグレードできる端末を選ぶんです。

その条件とはこちら(Windows11公式サイトから引用)

  • 64 ビットの CPU が搭載されていること。 Windows 11 は 64 ビットの CPU でのみ実行可能です。PC の CPU を確認するには、[設定] > [システム] > [詳細情報] にアクセスするか、Windows で [システム情報] を検索して、[システムの種類] を確認します。

  • システム要件を満たしていること: Windows 10 を実行しているすべてのデバイスが Windows 11 にアップグレードできるわけではありません。アップグレード要件とサポート機能については、Windows 11 のデバイス仕様 を参照してください。一部の機能には、追加のハードウェアが必要です。また、PC の製造元の Web サイトにアクセスして、ドライバーの更新やハードウェアの互換性に関する情報を確認することをお勧めします。

  • 重要: Windows 11 の最小システム要件を満たしていない PC に Windows 11 メディアをインストールすることは推奨されていません。互換性の問題が発生する可能性があります。要件を満たさない PC に Windows 11 をインストールすると、その PC はサポート対象外となり、更新プログラムを受け取ることができなくなります。互換性の欠如によって PC が受ける損傷は、メーカー保証の対象ではありません。

 

更にシステム要件としてこちらもあります。

最小システム要件と PC

次に示すのは、最適なコンピューティング エクスペリエンスを実現するために PC が満たす必要がある最小限のシステム要件です。

  • プロセッサ/CPU (中央処理装置): 2 つ以上のコアを備え、承認済みの CPU の一覧に表示される 1 GHz以上。 PC のプロセッサは、11 を実行するための主要な決定Windowsされます。 クロック速度 (1 GHz 以上の要件) とコア数 (2 以上) は、プロセッサ設計に固有であり、アップグレード可能なコンポーネントとは見なされません。
  • RAM: 4 GB。 PC のメモリ容量が 4 GB 未満の場合は、アップグレードして追加の RAM を取得するためのオプションが用意されている場合があります。 PC の製造元の Web サイトまたは販売店に問い合わせて、Windows 11 の最小要件を満たす簡単で手頃な価格のオプションを確認できます。Storage: 64 GB 以上のストレージ デバイス。 PC に十分な大きなストレージ ドライブがない場合は、ドライブをアップグレードするためのオプションがあります。 PC の製造元の Web サイトまたは販売店に問い合わせて、Windows 11 の最小要件を満たす簡単で手頃な価格のオプションを確認できます。システム ファームウェア: UEFI (PC BIOS の最新バージョンである Unified Extensible Firmware Interface の場合) と Secure Boot 対応。 デバイスが Secure Boot 対応ではないので、デバイスが最小要件を満たしていない場合は、この記事 を読んで、これを有効にするための手順が存在する必要がある場合があります。 Secure Boot は UEFI でのみ有効にできます。この記事は、設定を変更してこれを可能にする潜在的なオプションを理解するのに役立ちます。TPM: トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM) バージョン 2.0。 TPM が原因でデバイスが最小要件を満たしていない場合は、この記事を 読んで、これを修復するための手順が存在する必要がある場合があります。グラフィックス カード: WDDM 2.0 ドライバーを使用して DirectX 12 以降と互換性があります。表示: 9 インチを超える高解像度 (720p) ディスプレイ。斜めに、カラー チャンネルあたり 8 ビット。 画面サイズが 9″ 未満の場合は、アプリケーションの意図したWindowsが完全に表示されない可能性があります。インターネット接続と Microsoft アカウント: Windows 11 Home エディションでは、最初の使用時にデバイスのセットアップを完了するために、インターネット接続と Microsoft アカウントが必要です。
  • Windowsアップグレードのバージョン: 更新プログラムを使用してアップグレードするにはWindows 10バージョン 2004 以降でデバイスWindowsがあります。 無料の更新プログラムは、Windows Updateとセキュリティの設定>更新プログラムを通じて利用できます

つまり、古いPC、セキュリティが甘いPCにはインストールしないでね!ということなんです。

時代とともに情報リスクは高度化していきそれに伴う対応はハード・ソフトを問わず進化しています。

その流れに則さない、ユーザーが抱えるリスクを考慮しているんですね。

(考慮というよりは半ば強制的に意識させるよう働きかけていると捉えられる)

なお、インストール用のプログラムには上記の条件をチェックする機構がついており、”そのままでは”要件を満たさないPCにはインストールができません。

(ちなみに、世界中の有志の方々が、古いPC、条件に合わないPCでもインストールできるバッチを提供しはじめています。

ただし、条件に合わないPCにインストールした場合、マイクロソフト・及びメーカーからのサポート対象外となりますので、それを利用する場合はすべて自己責任です。)

 

必要なもの

Windows11アップグレードプログラムのダウンロード(こちらから可能

もしくは インストールメディア用ファイルのダウンロード

またはインストールディスク作成ISOファイルのダウンロード

それぞれの用途は違うので自分の用途に合わせてダウンロードしてみてください。

特に特殊なことをしない限りは一番上のアップグレードプログラムをダウンロードする形でいいと思います。

インストールしたジェンキンスのノートPCのスペック

プロセッサ Intel(R) Core(TM) i7-1065G7 CPU @ 1.30GHz 1.50 GHz
実装 RAM 16.0 GB (15.7 GB 使用可能)
システムの種類 64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ
ジェンキンスのパソコンスペック

いざインストール

ジェンキンスはアップグレードプログラムを使ってサクッと実行しました。

まずはPCスペックやシステムの要件をチェックするソフトウェアが実行され・・・

あっけなく終わった・・・。

え? という間に終わってしまいました。(あっという間ではないことに注意)

 

特筆するところでスクリーンショットを撮ろうと思っていたのですが、そんなことする間もなく再起動が促され、アップグレードが完了してしまいました(しまった)

 

こんな軽い感じなの?

 

途中の画面などが気になる方は「Windows11 インストール 画面」などで検索してみてください。

先人の人柱になってくださった方々が一杯アップロードしてくださっています。

 

使用感

とてもなめらかですね。

なんとなくOSがアップグレードされるとメモリ消費量が増えてもっさりするイメージ(これまでのWindowsの歴史を振り返る)があったのですが、特に10の頃と大差はないような気がします。

タスクマネージャー

(ジェンキンスは仕事の都合でChromeで重たいタブをたくさん開いているのでメモリの使用率が基本高いです)

 

デスクトップのイメージ

desktop

設定

設定

どことなくスマホのような・・・

スマートフォン?

操作方法の違い

正直な処、基本アプリケーションを利用することがほとんどなので、普段の使い方からは大きく変わりませんでした。

Windowボタンを押したときの挙動や、通知エリアが変わった程度で、大きな感動はありませんね。

Windows10のUIが近代的にブラッシュアップされた程度という印象です。

結局はWindowsだしね

 

まとめ

Windows11、Windows10が出たとき、「今後ナンバリングしない」という発言が噂されていましたが、実際マイクロソフトの公式見解ではそんなことは述べておらず、今後もWindowsはナンバリング及び枝分かれのシステムとして進化を続けていくでしょう。

今回のアップグレードは主にセキュリティの部分が大きく、条件を設けることで、ユーザーのハードの買い替えを促し、過去のハードから脱却して新たなステージへと導くための足がかりにしているように感じます。

それは悪く言えば情報化社会の選民主義でもあるかもしれませんが、高度化されたリスク社会の中ではそうでもしなければユーザーを守れない(IEの歴史のように)のかもしれません。

今回、Windows11で提示された条件を見て、私はマイクロソフトに『民衆を導く自由の女神』のような先導者としての姿を見ました。

(この写真貼りたいだけ)

民衆を導く自由の女神

 

ジェンキンス

まとめ

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!