どうも、カムノです。

カムノスペシャルウィーク2日目!

昨日宣言した通りMR機器である「HoloLensの画面共有方法」についてやっていきます。

今日は3つの方法についてざっくり紹介して、明日からそれぞれの使い方を紹介したいと思います。

どうぞよろしくおねがいします。

HoloLensの画面共有方法ってどんなのがある?

まずは王道、「Device Portal」でHoloLensとPCをペアリング

いわゆる標準機能ですね。

HoloLens側で「Device Portal」の設定をONにして、同じネットワークに繋がっているPCのブラウザでHoloLensのIPアドレスを開くだけ!

ちょっぴり映像の遅延が気になりますが必要十分、むしろ画面共有の他にも色々できてスゲーやつです。

開発者向けの機能がたくさんついているので、ちょっと混乱しちゃうかもw

Windowsアプリの「Microsoft HoloLens」でHoloLensとPCをペアリング

普通に画面共有する際はこちらがおすすめ!

デバイスポータルよりも映像の遅延が少なく、良い意味で「普通の機能」だけ搭載されていて使いやすいです。

「Skype for HoloLens」と「Skype for Windows」の通話がいろいろすごい!まじですごい!やばい!(語彙力)

これが一番未来感すごいです!

Skypeのビデオ通話のように「HoloLensで見えている映像」を共有しながら話せるんですが、なんとその「HoloLensで見えている世界※」に参加者が手書きでお絵描き&メモ書きしたり写真や画像を置いたりできちゃいます!

※もはやホロレンズで見えているのは映像というより世界なのです。。

Microsoft公式サイトのタイトルは「Skype でつながるホログラフィック コミュニケーション | HoloLens」となっています。

なんやねんホログラフィック コミュニケーションて!カッコいいかよ!!

公式サイトの言葉を借りれば、「ホログラムを描いたり現実世界に画像を置いたりする」と表現されています。

そのすごさはとても言葉では伝えきれないです!Microsoftの公式動画が素晴らしいので見て!

というわけで、3つの方法についてざっくり紹介させていただきました!

明日は「Device Portal」でHoloLensとPCをペアリングする方法について記事にしたいと思います。

そこ!ググったらもうわかったからイラネとか言わない!!

でもその行動力、エエやんけェ!!(出典: ジャニーズWEST 3rdアルバム 「なうぇすと」)

本日はこれにて!

まとめ

RECOMMENDED POSTこの記事もおすすめ!